CEUM #6 石に漱ぎ流れに枕す

美しい醜さを見ないふりし、もう一辺見ろ。ケラトプスユウタです。

東ユタ大学先史博物館の展示物紹介をしています。今回は昨日の続きなので、さっそく見ていきましょう。

ちなみに組立骨格の類はないのでご了承ください🚃

竜脚類 Sauropoda の中手骨(手の甲の骨)と中足骨(足の甲の骨)。

キャプションによるとシーダーマウンテン層産のブラキオサウルス類 Brachiosaur の新属新種だそうです。まさか20世紀末に記載されたケダロサウルス・ウェイスコプファエ Cedarosaurus weiskopfae じゃないでしょうね?! (そうだとすると20年間キャプションが更新されてないことに) 情報募集!

エオランビア・カロルジョネシ Eolambia caroljonesi

前肢要素と大腿骨。

基盤的ハドロサウルス上科 Hadrosauroidea

イグアノドン類 Iguanodontia 尾椎と歯

キャプションではイグアノドン(属) Iguanodon になっていますが…イグアノドン・オッティンゲリ I. ottingeri でしょうかね? 別属の可能性もありそう。わかんないけど。

余談ですが、ハドロサウルス上科はイグアノドン類から派生したと考えられているので、ハドロサウルス上科を除外すると側系統群(分岐学では分類群と認められない)になります。

中国のハドロサウルス類 Hadrosaur チンタオサウルス Tsintaosaurus と思しき生体復元図。とりあえず色と顔(特に右)が嫌です🤓

以下グリーンリバー層 Green River Formation の化石

グリーンリバー層は、ユタ、コロラド、ワイオミングの3州にまたがって横たわる新生代 始新世(5350万〜4850万年前)の地層です。

魚の群れを保存した化石

セイヨウカジカエデ Platanus の葉

鳥の足跡化石

ソテツの葉化石

何種類かの葉

今日はここまで! さよなら👋

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中