Triceratops trail

特にどうってことないけど、これが本ブログ二つ目の記事です。ケラトプスユウタです。

暗中模索です。

前回のデンバー自然科学博物館に引き続き、コロラド旅行のささやかな一幕をゴミ写真とともに紹介しちゃいたい。

トライセラトップス・トレイル Triceratops trail

英語の trail には痕跡とか小道とか、複数の対訳がありますけど「トリケラトプスの痕跡」、「トリケラトプスの小道」のダブルミーニングではなかろうかと勝手に思っています。

デンバーからバスで1時間弱というところだったかな。ゴールデンという町のはずれにそれはあります。

トライセラトップス・トレイルは2km強のハイキングコースになっています。曲がりくねった小道が砂岩の壁に挟まれています。この砂岩は白亜紀には泥沼として存在していたらしいです。6800万年前だって。

一周するのに1時間かからないですが、高齢者や体の不自由な人には通過できないであろういくつかのポイントがあるのでそこはご注意されたい。

随所に恐竜、哺乳類、昆虫その他の無脊椎動物の足跡とかの生痕や植物化石が残されています。

最も多いのがヤシの葉のはっきりした痕跡。

かつてそこが高温多湿な環境だったことを教えてくれる(知ってたけど🤓)。

トライセラトップス・トレイルには恐竜の足跡がたくさんありますが、ティラノサウルスのような三本のつまさきが特徴的な獣脚類の足跡は少ないです。多くはトリケラトプスのものと言われていて、この場所の名付け元となっています。

あとローズクオーツの原石がところどころに転がっていて、探せば見つけるのは簡単。

ここからは余談。実はこの先のダイナソーリッジ Dinosaur ridge という場所に行きたかったんですけど、当時レンタカーという発想がなかったので徒歩と公共交通機関で移動していた為にそこへのアクセスが難しく断念したのよね(ちなみに現地人もその存在を知らなかった)。

次回コロラドへ行く機会があれば必ず行きたいです。