USNM #2 ケラトサウルス、 ステゴサウルスにやられるの巻

人造バランって必要かな。ケラトプスユウタです。

スミソニアン自然史博物館の2回目です。

昨日はティラノサウルスにやられたトリケラトプスをご紹介しましたが、今回は肉食恐竜が植物食恐竜にやられているという、一風変わった展示をご紹介できそうです。

視認性が悪いかもしれませんが、ステゴサウルス Stegosaurus の尾で打ち倒されるケラトサウルス Ceratosaurus の図です。

右側にステゴサウルスの特徴的な4本のトゲの生えた尾の先が確認できると思います。

ケラトサウルスは頭を奥にして仰向けに倒されています。

肉食恐竜と植物食恐竜が対決セットで展示されることは珍しくもなんともないどころか王道中の王道ですが、植物食恐竜側が捕食者をこのように倒している様子を描いたものはだいぶ珍しいもので前衛的です。

これは僕が勝手にそう思っているだけの事ですが、ケラトプス類 Ceratopsid の角や瘤、パキケファロサウルス類 Pachycephalosaurid のドームは頭部に備わっていることなどから同種同士の闘争が一義的な用途だったように思えるのですが、ステゴサウルスのようなステゴサウルス類 Stegosaurid のスパイクやアンキロサウルス類 Ankylosaurid のクラブは尾の先に付いている上に身内に対して使うには危なすぎる形状をしていて専ら護身用の武器だったのではなかろうかと言った装いです。

剣竜の場合、多くの鳥盤類に見られるような骨化腱が尾椎に付いていないので、尾の柔軟性もかなり高かったのではないかと想像します。

ジュラ紀後期のアメリカでは実際にステゴサウルスが捕食者を撃退する様子が見られたのかも知れませんね。

USMNのものすごいステゴサウルスの化石も近いうちにご紹介したいと思っています。

今日はここまで。

それじゃ👋

USNM #2 ケラトサウルス、 ステゴサウルスにやられるの巻” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中