CCM #3 敢作敢当

ペットにしろ企業にしろ学名にしろ、名前がころころ変わるものに良いものはないですな。ケラトプスユウタです。

ティラノサウルスエドモントサウルスと来ましたので次はどの恐竜かわかりますね?

正解です!

トリケラトプス・プロルスス Triceratops prorsus

成体の完全な頭骨(実物)

ヘルクリーク層産。

CCM 49-1

左側には岩がくっついたままです。

その下はハーリーズ・ベイビーことトリケラトプス幼体 UCMP 15442

ククク…良い気味だぜ!

ほぼ半分しか保存されていない頭骨としては、角が3本とも保存されているのは珍しいです。少し左右に圧縮されていますが、目立った欠損がなく美しい🤤

6つの平行傷があるトリケラトプスの下顎の骨。ティラノサウルス Tyrannosaurus のような捕食動物に傷つけられたとの説明。

トリケラトプスの左の鱗状骨(フリルのサイドを構成する骨)。

タッチ要員のトリケラトプスの上眼窩角。血管の溝がくっきりしている事は触らなくてもわかりますね。

未成体(juvenile)の上眼窩角。

続いてパキケファロサウルス Pachyrhinosaurus

AMNHの標本に似ていてパッキーとしては普通っぽい形ですけどあまり見かけない標本。

同じ標本の逆サイド。濃い色の部分が実骨で、明るい色の部分は補完されてるところです。

激しく損傷したパッキーのドーム。頭突きの証拠とされていました。

ちなみにケラトプスユウタは、パキケファロサウルスの頭突き説自体はかなり肯定派です(助走をつけて頭同士をぶつけあったとは言ってない)。

ドラコレクス Dracorex タイプの、つまり子供のパッキー。

(見切れててすみません)

今日はここまで!

それじゃ👋

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中